FC2ブログ
『つくること』が好きな主婦の日常とアルのゴロゴロ生活を綴っています
甘えんぼちゃんはお姉さんになれるかな?
2018年04月03日 (火) | 編集 |
PECOに、『5匹が繋いだ愛情のバトン』 という、

元野良ネコが暮らしている家に殺処分寸前だった子ネコ2匹が来て、

元野良ネコがお世話し、子ネコたちが大きくなったころ、

もう2匹殺処分寸前の子ネコがやってきて、

今度は大きくなったネコたちがお世話をするという映像があって、

それを見ていたら、アルも小さい子を受け入れてくれるかも・・・

なんて思ってしまいました。

だってこの元野良ネコ、 『アルちゃん』 って言うんだもん!



昨日はアルがおんじに甘えまくり~

おしりポンポンはもちろん、
IMG_5883_convert_20180403085849.jpg

あまり好きじゃない抱っこもすんなりさせて、
IMG_5888_convert_20180403090003.jpg

おまけに遊ばれてもおとなしい(笑)
IMG_5890_convert_20180403090109.jpg

暑苦しいけど幸せなやつだね!


で、また寝る・・・
IMG_5932.jpg











ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
cheeさん こんにちは♪

貴方のブログにはいつもコメント入れたいなぁって思いながら忙しすぎて中々ね入れられないの
でもいつも見てるよ 今は断捨離中なので訪問は時々だけど終わったら毎日見に来るね

わんこは4頭の多頭飼いしましたがにゃんこの多頭飼いは初めての経験です
絶対的に犬派だった私が最初の野良ちゃんを保護してからにゃにゃんとすっかりにゃんこの魅力に取り憑かれた
それぞれ可愛さの違いはあるのね

だいちゃんはにゃんこらしい猫 でも私の言う事は良く効く
「おっさん」が呼んでも嫌な時には行かない(笑

所がパピーだった「みんしゃん」は特別 こんな猫にあったのは初めて
とにかく人懐こい 抱っこ大好き 耳くそ目くそ取っても怒らない フーもシャーも聞いた事が無い
まるでわんこのような猫 我家には向いているかも知れません
こんな可愛いにゃんこ 神様からの最後の贈り物だと感謝しています
勿論高齢なので先行きの事は彼らが野良さんにならないように手は打っています

外猫のくろちゃんを入れた時には対面も最初はケージ越し 少し慣れたかと両方出したのが失敗 身体ははるかに小さいくろちゃんがだいちゃんに襲いかかった
彼の綺麗な真っ白な毛が宙に舞った
御曹司のだいちゃんはびっくりして決して2Fに行かなくなった

それからです わんこと共に1Fで暮らすようになったのは

くろちゃんが急逝して上に上げてもしばらくは警戒モード
それに懲りてパピーでないと駄目だと察しました

みんしゃんとは非常に上手く行っています
だいちゃん優しいところもあるのです 初めて会ったときでもパピーなら小さい奴って思うようです

よく遊ぶしだいちゃんに攻撃されてもみんしゃんも負けてはいない
やられてもめげずに立ち向かっています(笑

温かくなったので1Fにはシニアのわんこの為ににゃんこは日中は2Fへ
夜寝るときだけ私の寝室でそれぞれのケージの中で寝ています
パピー時代からそうしているのでケージの中が寝る時には落ち着くようです

長々とごめんなさいね 片付けで忙しいと良いながら休憩タイムです

多頭飼いの楽しさどうしても伝えたかったのです
でも新しいにゃんことの相性確かにあると思います
両方とも男子ですが上手く行っています みんとはもうすぐ去勢手術です

2018/04/03(火) 13:40:04 | URL | はやとうり #-[ 編集]
はやとうりさんへ
いつもありがとうございます!

わたしも断捨離といえるのかどうかわからないけど、不要なものを処分して家の中を整理しています。
こういうのって、やりだすと止まらないんですよね~

うちは夫が犬派だったけど、アルと暮らし始めてからネコに夢中になり、
どちらかというと夫のほうがもう1匹迎えたがっているんです。
迎えるなら保護ネコ希望なので、トライアルなどで様子を見ることができそうだけど、
どうしてもアルがごはんを食べなくなったら・・・トイレに行かなくなったら・・・と考えてしまいます。
これはごはんやトイレの世話をしているのがわたしだから感じるのかな~とも思うんですけどね。
アルがあまり手のかからない子で、それに慣れてしまっているから不安というのもあります。

アルは1歳のころに実家のネコと会ったことがあるけど、
実家のネコが強烈なので近づくことはできず、
それ以来、動物と会うのは動物病院でキャリー越しだけ。
小さいころから一緒だったわけじゃないネコ同士が慣れるには時間も根気も必要だと思うけど、
なんとなく、アルもだいちゃんのように小さい子のお世話はしてくれそうだなと思うんです。

新しく迎えるには、アルへのごはんのあげ方など、変えなきゃいけないこともあるのですが、
そこも時間をかけてクリアしていけば、踏み切れる日も来そうです。
家の中を整理しているのは、新しい子を迎えたときのためのトイレスペース確保のためでもあるので(笑)

シニアや若い子、小さい子がたくさんいるとにぎやかでしょうね(*^-^*)
実家のネコが高齢で、小さいころから家族以外に懐かなかったので、
母は自分があの子を見送ると決めているようです。
だからなのか、ネコが体調崩すと母は気を張るので元気で、ネコの調子が良いと、母が体調崩します。

多頭飼いの貴重なお話、ありがとうございます。
かなり前向きな気持ちになりました(*^-^*)
2018/04/04(水) 08:55:55 | URL | chee #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する