FC2ブログ
2017/01/26

なんだかんだで10年やってました

昨日、勉強と晩ご飯の支度までの家事が終わって一息ついた夕方、

ブロ友さんの記事で、1月25日は 『主婦休みの日』 って気づいた・・・

えー!!だったら今日は掃除とか洗濯しなきゃよかったーって思っちゃった(笑)


一応おんじから帰るよーってラインが来たとき、

『1月25日 主婦』 で検索! と返してみると・・・



『主夫休みの日!』 って来た(笑)

おんじが帰ってきた玄関からコンビニの袋の音はせず、

おんじは食器洗いが大の苦手・・・(;´・ω・)

いえいえ、気持ちだけで十分です!

普段から大したことしてないので・・・(笑)




数ヶ月前から考えていたことなんだけど、

今月をもって、しばらく着付のお稽古をお休みすることにしました。


一昨年の9月にに着付の1級の試験を受け、その後、

昨年5月の準師範の試験に向け、和装ボディも買って練習に励んできました。

試験まであと数ヶ月というころ、新しく生徒さんがたくさん入り、

中にはきものは全くの初めてという人もいたので、先生はそちらに付きっきり。

準師範の試験範囲に筆記やマナーもあったけど、直前にちょっとできただけでした。


それでも無事準師範試験に合格し、1年後(今年5月)の師範の試験に向けて練習してきたけど、

昨年の春に習い始めた3人が、9月、11月、今年2月と立て続けに試験を受けることに。

わたしは自分の試験までまだ日にちがあったし、彼女たちのモデルになるなどし、、

先生も最初は、「次はcheeさんのモデルもやってあげてね」 と言ってくれていたけど、

結局そのまま・・・(笑)

先生がモデルになってくださったことがあったけど、

他の人の手直しなどでひと言もなく動き回る・・・(笑)

先生もわかっていらっしゃったのか、「いつもcheeさんをほったらかしてごめんね」

と言うほど後回しが続き、3人が立て続けに試験を受ける話をするとおんじにも、

「またcheeが後回しになるんじゃないの? cheeも試験を受けるし、

同じように月謝払ってるのに・・・」 と心配されていた。



試験の間隔が狭いのはわかるけど、持ちつ持たれつになっていないことや、

先生の教室の回し方にモヤモヤを感じるようになり、

昨年の秋ごろからお稽古に行きたくないと感じるようになっていたんです。

試験まで半年あるとはいえ、また春ごろに新しく生徒さんが入ってきたら慌ただしくなるし、

今回は筆記試験のプリントなどは早めに用意してもらい、

他に生徒さんがいたので具体的な不満は言わず、

しばらくはお稽古に行ったら着替えずに、

実技試験の他装の練習を1回だけやって帰りたいと言いました。

そのほうがスッキリするから・・・と。


これ以上嫌にならないよう自分なりに距離を置き、自分を奮い立たせてみたけど、

今年に入っても、やっぱり気持ちは下がったまま(;´・ω・)

それに、他よりは低めだとはいえ、試験を受けたりお免状をいただくにはお金もかかる。

1級の試験前、きものは好きだし、師範まで取りたいと心から思っていたので、

おんじに師範までの受験料をお願いしたところ、快諾してくれた。

だけど今、絶対に師範の資格を取りたいとも思えず、

万が一、お教室を開くようなことがあっても、この協会の先生になる気はないので、

こんな気持ちでおんじに師範の受験料を出してもらうのは気が引けるというか、嫌だ。

おんじは、わたしが楽しくお稽古に通い、行事のときなどにきものを着ることを望んでおり、

それはわたしも同じ。

同じ協会でも教室や先生によって違いはあるし、

結婚後、今の先生のところで習い始めて最初の9ヶ月くらいは

先生とふたりだったから感じなかったけど、生徒さんが増えたから気づいたこともあった。


10年やってきたから、たしかに師範を目の前にしてもったいない!

っていうのはちょっとあるけど、逆に10年やってきたから、

嫌いにはならないだろうなとも思う。

ただこれを機に、自分にあった教室や先生を探すものいいかな~とも思うし、

着付じゃなくても、昔ちょっとやった和裁をまたやってみるとか、

やったことのないお茶なんかをやってみるのもいいかも!とも思う(*^_^*)

お休みしてしばらくしたら、やっぱりまた受けたい!って思うようになるかもしれないしね。


かなりスッキリしたので、お休み前最後のお稽古は、

来月試験を受ける人たちのモデルになってこよーっと(*^_^*)






ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
スポンサーサイト



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメント

非公開コメント

cheeそん、ひさしぶりです。

cheeさん、お疲れ様でした。
がんばり屋さんのcheeさんを尊敬しています。
私はcheeさんが楽しければそれでいいと思いますよ。
楽しくなければ意味ないもんね!
また素敵な出会いがあればいいですね。
私も楽しみにしています。
頑張って! cheeさん \(^o^)/

なんとなく 気持ちわかります

わたしは 着付けはできませんがって
着物も着れませんが・・・(笑)

わたしは 墨で字を書くことが好きで
いちお 半紙に書く文字に関しては
師範の免許を取りました

でも 習っている先生の字が好きになれなくて・・・
かなや こうしつの部の免許をとらないまま やめてしまいました

好きだけでは できないことあると思います
素敵な先生に出会えるといいですね^^

やってみたいという興味と好きだなって感じた気持ちで続けてきたお稽古事が、途中から楽しくなくなる感じ
私もお花の世界でそれを味わったから想像つく 
私の場合、特別資格のレベルアップを望んでいたわけでもなかったのに、習いだした時からすでにカリキュラムはそうなっていて、半年ごとに試験があって・・まぁそれはそれで良かったんだけど、あるレベルに達した時点で「ここからは大先生の指導も必要なので月に1度本部へ」と言われ、別料金でわざわざ遠くの教室へ
そんなことを働きながらやってるうちに疲れるし楽しくないしお金はどんどんかかるし 最後のほうでは「何なんだこのシステム!」とまで思うようになってたもんね

あとから聞くと、そういう世界はお花に限ったことではないんだね
仮にそれが普通だとしても、だったらその流れを楽しみながらレベルアップしたくなる気持ちに持って行くのが指導者の役目

きっとそういう先生はいるはずなので、どんどん新境地開拓すべきと思うな

oharumamaさんへ

おはるママさん、こんにちは!

ありがとうございます。
なんでもそうだと思うけど、長いこと続けてきたことをやめるときって、
やっぱりいろいろ考えるし、疲れますね(笑)
でも先生に言ったときはスッキリしたし、
違う形だとしても、楽しくきものを着ることができそうです(*^_^*)

あしたさんへ

わたしは昔から毛筆は苦手・・・(>_<)
結婚してからは、書くことが苦手な夫の代筆を頼まれることが多いので
ちょっとはきれいな字が書けるように練習したけど、
年賀状などで美しい字を見ると、素敵だなと思います。
でも、先生の字が好きになれない・・・なんてことあるんですね!

完全に、趣味で着ましょう!みたいなところを
探してみようと思います(*^_^*)

うにトラさんへ

好きで初めて長く続けていただけに、途中で気持ちが途切れたときはなかなか言えませんでした。
同じ協会でも、先生によって多少違うのはわかるけど、きものや帯の貸し出しとか小物の指定とか、
お金のかかることはどの教室でも同じにしてほしいと思いました。
試験で使うのも、小紋と名古屋帯から付け下げや訪問着と袋帯になり、最後は留袖と袴・・・
ネットでお値打ちに買ったとしても、袴なんて試験以降使わないでしょ(笑)
着付に限らず和のお稽古って、何も持ってない状態から始める人もいるけど、
お母さんやおばあさんが使っていた道具がある状態で始める人も結構多いと思うんですよね~
わたしも、1級に受かったら年2回の講習会があって、
行かなくてもいいけどお金は払わなきゃいけないって言われたときはびっくりしました・・・

ネイルサロンを転々としたときみたいに、楽しんで探そうと思います(*^_^*)

鍵コメMさんへ

こんにちは!
着付を習い始めるんですね~
しかも10回で1000円なんてめちゃくちゃお値打ちじゃないですか(^^)v

わたしも結婚して同じ協会の別の先生の教室から
今の先生の教室に移ったときは、
マンツーマンだったので嫌なことなんてひとつもなかったんです。
他に生徒さんが入って、
先生の教室の回し方を知ったというか・・・
前の先生と比べ、きものや帯の貸し出しが少ないので、
級が上がるごとに種類の変わるきものを、
持っていない人は買わなきゃいけないというやり方も、
好きじゃなかったし、
逆に、わたしはこちらのタイプですが、
古くても枕や帯板などの小物を持っている人に、
小物は指定のものを使ってと言うのも嫌でした。

お茶の道具もだと思うけど、
着付の小物も、だんだん作る人が減っているそうなので、
それなりのものを揃えようとすると
お金がかかりますよね・・・
だけど本当に楽しければ、
これを買ってみよう!って自然と思う気がします。

着付、楽しんでくださいね!