fc2ブログ
2016/04/27

お互いを理解しあう

地震から2週間経ちますが、未だ行方不明の方もいらっしゃり、

早く見つかってほしいと願っています。

また、復興のため、いろいろな問題が解決してほしいと思います。


家族に知的障碍を持った方がおられる方は、

急に大声を出したり暴れてしまうことを心配し、避難所に入れないこともあるそうです。

物資をもらうために長時間並ぶことも難しく、ご家族がパンフレットなどを見せて説明しても、

「ひとり1つずつなので、順番に並んでください」 って言われたとか・・・

この方は結局、物資をもらわずに帰ったそうです。

今ではそういった環境の方のことも考慮し、物資をもらえるようになったそうですが、

自分とは違う家族構成の方のことも、多少は知る必要があるのかなと思います。

ペットに関してもそうですよね。



昨日おんじと、ペットと避難することを、どうやったら知ってもらえるかという話をしました。

環境省は、ペットと避難することを推奨しており、そのガイドラインもあるけど、

実際のところ、自治体によって対応はさまざま・・・

わが家あたりでは、他の避難者が 「イヤ」 と言えば、入れないそうです。

入れたとしても、他の避難者に迷惑がられたら、居づらくなる。

わたしたち飼い主にとってペットは家族であり、連れていくことががあたりまえだと思っているし、

だからこそ被災したらどうするかを調べたり、ガイドラインを読んだりするけど、

そもそもペットを飼っていない人は、そういうことをしないし、思いつきもしない。

環境省がペットと避難を推奨していることも知らないという人も多いのでは?

だって、飼っていないのに、ペットと避難することを調べないでしょ。

ペットと避難することに関するガイドラインを読んでみようって思わないでしょ。

子どものいないわたしが、粉ミルクやおむつの心配したことがないのと同じ。

わたしは家族や親戚にいないから気づかなかったけど、

わたしがペットとの避難についていろいろ考え、心配していたと同じように、

知的障碍者のご家族も、きっと同じような心配をしていたんだと思う。



避難所にはペットを連れた人も来て、それが認められているということは、

飼っている人もだけど、飼っていない人にこそ知ってもらいたい。

そして 「ペットも避難所に入れよう」 って言ってもらえるようにしないと。


ニュースや特番で大々的に取り上げてもいいけど、

普段の生活から知ってもらうことってできないのかな・・・

たとえばね、テレビCMとか。

環境省が作ってもいいし、ペットフードのCMに、

「災害時、ペットとの避難が認められています。 ご理解を!」

みたいな一文を入れるとか。

ソフトバンクのCMでうまやってくれないかなぁとかも思ったけど、

あれはペットじゃなくて 「お父さん」 って設定だから無理・・・?

ACジャパンでそういうCMないのかなぁ(;´・ω・)


おんじは、小学生と中学生には学校で教えればいいと言っていた。

それもいいわね~



もちろん、アレルギーの人もいるだろうし、犬や猫が苦手な人もいると思う。

でも飼っていない人がペットとの避難を理解した上で、

「アレルギーでどうしても無理だから、離れたところに座ってほしい」

とでも言えば、飼い主側もそこまで悪い気はしないんじゃないかなって思う。

じゃあ向こうの端に行きますねって、わたしなら言いやすいけどな・・・


慣れていな人にとって、ペットフードのニオイも結構辛いと思う。

「どうしても慣れないもので・・・ごはんだけ外で食べさせてもらえない?」

そう言ってもいいと思う。


ペットを飼っていない人は、ペットとの避難を理解し、

飼っている人は、飼っていない人のことも考えることが大切だと思う。

ペットが避難所に入るのはイヤって言う人は理解がないと思うけど、

もしも不安でペットが鳴きまくっていても避難所で生活をする飼い主がいたら、

それはそれで他の人のことを考えていないなって思う。

今は 「ペットも避難所に連れていく」 ということを知ってもらい、

他の被災者から 『ペットも中に入れよう』 って思ってもらわなきゃ。

ごはんやブラッシングは外でとか、場所を仕切るとか、

ペットの水は飼い主さんと分け合うとか、昼間は外に出すとか、

ある程度のきまりがあってもいい。

双方が嫌な思いをしないように、誰かが仕切ってほしいと思う。



実はわたし、地震直後のニュースで、アナウンサーがしきりに

「小さいお子さんは不安がっていると思います。 どうか抱きしめてあげてください」

って言っているのを聞いて、ペットもソワソワしたり落ち着かなかいだろうな、

不安で敏感になっているのはペットもなのに・・・って思っていました。

子どもがいないから、こういうときどれだけ大変かって、

わかっているようでわかっていなかったんだね。


家族に子どもがいる人、お年寄りがいる人、障碍を持った方がいる人、

そしてペットと一緒の人・・・

それぞれの大変さを理解しなきゃいけないなと思う。




ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
スポンサーサイト



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメント

非公開コメント

いつもそうだけど、大きな災害があると現場が混乱を極めるのは仕方ないとしても、こういう事はもう初めてじゃない日本なのに!って歯がゆい気持ちで不自由極まりない生活を強いられてるのを見ちゃうよね

あんな板の間に直に横になって寝れるわけないじゃない!何か開発できないのか?って思ってたんだけど、後から「実はこんな段ボール素材の組立式のベッドがありまして・・」って出てくる
あるならどうしてそれをうまく活用出来ないのか・・
ペットと認知のお年寄りや障害のある人とどんな方法を取ったら少しでもうまくいくか・・臨機応変って災害時にみんながうまく出来るわけじゃない
やっぱりシュミレーションした上での何らかの手順書が必要だよね 「決まり」があれば行動に統一性が取りやすい 
一家に1つテント一式必ず備えろっていう法律できても良くない? それを比較的安全な倉庫に保管 災害時には安全な場所で各自のテントを設営 言うのは簡単だけどね 

うにトラさんへ

他の地域での被災状況を見て、そのときはひどいなぁ、自分も備えようって思っても、
実際に被災しなかったり、その現場に行かなかったりだと、防災意識って薄れますよね・・・
毎回ゴミ山ができるのも、同じように思います。
いろんな地域や人がトラックで支援物資を運ぶけど、帰りにゴミを持って帰るとかできないのかなって思います。
量はしれてるけど・・・
避難所とか障がいのある人とかペットとか、今までの地震で被災した人たちが、
大変さを切実に訴えて、何が必要かを教えてくれたのに・・・って思います。
わたしだったら、赤ちゃん連れの人やペットと一緒の人には「あっちでかたまりませんか?」って声かけるかもって思うけど、
実際被災したら、自分のことで精いっぱいになるんでしょうね。

一家にひとつのテント、いいと思います!今回みたいに怖くて家に入れないって場合もありますもんね。
テントを保管するときも、広げられる場所と個数をしっかり計算しておけば、
今回の車みたいに停める場所がないってこともないですもんね!