FC2ブログ
2020/08/10

桁違い

昨日はペットドックのため動物病院へ。
1年前は、2年前の暴れっぷりが嘘のようにおとなしかったけど、
今回はずっと唸り続け、ときどきシャー・・・
まあ、数秒とはいえ、先生や看護師さんに抱っこされても黙っていたのでまだマシかな?

2年前の検査でCPKという筋肉から出る酵素の数値が高く、
大きいネコちゃんは肥大型心筋症とか罹りやすいと言われたものの、
『ちょっと数値は高いけど経過観察でいいよ』という判断で、
1年前の検査では
『数値は正常に戻ったけど心臓はちょっと大きい気がするから気をつけておいて』

こういう経緯があるから今回も心臓はしっかり診てもらったんだけど、
CPKの基準範囲は2~300で、2年前は415、1年前は162、今回は1005・・・
いやいや桁が違うやん!!

超音波で付き添ったけど、先生が何枚も静止画を撮って、
時間をかけて見比べてくれていました。
その画像やレントゲン画像をもとに検査結果の説明。
先生曰く、心臓の筋肉肥大はないけど一部心拡大の可能性があり、
左心房がちょっと大きいらしい。
あと、肺の血管にも厚みが出ているとのこと。
『血液検査とレントゲン、超音波の結果から、また経過観察でいいよとは言えない』
という判断で、2~3週間後に再検査することになりました。

これでもやっぱり数値が高い場合、
・BNPという数値の測定
  これは無症状や軽症にみえても本当は中等症以上かどうかを調べるもので、
  すぐに調べられるキットがあるらしい
・甲状腺の疾患をみるT4の測定
・心エコーなど
を、やっていくそう。

2年前もだったけど、こういうことがあるとその場で先生に聞きたいことが思い浮かばず、
帰ってからスマホで調べてしまう。
そうすると、良くないことばっかり目に入っちゃうんだよね・・・
再検査までに、今回先生が説明しながら書いてくれた、
お世辞にもキレイとは言えないメモをもとに聞きたいことをまとめておかなきゃね。

アル、とくに変わった様子はなく、帰ったらすぐにごはんをせがんでいました(*^-^*)
あとはせっせと刈られたお腹のお手入れ(;^_^A
P8099604_(2)_convert_20200810103134.jpg

前回は女性の先生でお腹と胸の部分をサッと刈ってくれたけど、
今回の先生(男性)はお腹から胸までガーっと・・・
P8099608_convert_20200810104626.jpg
もぅ・・・女心がわかってないわね(笑)

でも大丈夫!心配いらないよ。




ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
スポンサーサイト



にほんブログ村 主婦日記ブログへ