fc2ブログ
2019/08/30

他人の言葉でこうも変わるのか

近所にかなり広い空き地があって、そこにはいくつかの個人医院が建つらしいんだけど、
その土地を管理している会社が看板だけ立ててそのままだったから、
草が伸びまくり、その土地に面した道を曲がるのに左右見えなくて困っていました。
敷地はロープで囲ってあるけど、それをはみ出して草が道路まで飛び出ていた。

決して苦情ではないんです。
わたしが草を刈ってもいいならやるけど、よその土地の草を勝手に刈るわけにもいかないし、
なんとかしてもらえたら・・・という感じでした。
お盆明け、立てられた看板に書かれた会社に電話して事情を話したところ、
担当者が週明けから出勤だから今すぐには出来ないけど、
なるべく早く草刈りするように伝えると言ってくださり、
先日この道を通ったらキレイに刈られていました(*^-^*)

早い対応もなんだけど、電話応対してくれた女性がとても感じが良かったんです。
ハッキリした話し方でとても丁寧で、しっかりこちらの話を聞いてくださったし、
電話の終わりがけ、
「あの・・・先ほど見えづらいとおっしゃっていましたが、ケガはされていませんか?」
と聞いてくださったのが印象的でした。

電話してから2週間くらい経つんだけど、
思い出しては気分がよくなるほど素敵な応対だった。
草刈りされていたあの敷地を見たらどうしても我慢できなくなり、
その会社のお客さま相談窓口へ電話。
迅速な対応と、気持ちの良い電話応対のお礼を言わずにはいられませんでした。

昨日書いた踏切でのことと今回のこと、
人に言われた言葉でこうも気分が変わるものだと実感。
自分が、自転車のおばちゃんに怒鳴られたことを引きずらず、
うれしかったことを心にとめておける人間でよかったと思う。




ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
スポンサーサイト



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメント

非公開コメント

No title

前回のおばちゃんとは全く違う、素晴らしい方とお話しできてよかったですね。
あのおばちゃんは、きっと余裕のない可哀想な暮らしをされてるんだと思います。心に余裕がない、お金に余裕がない、とにかく何に余裕がないかわからないけど、可哀想な方なんだと思います。
でも反対に、いくらお仕事とはいえ素晴らしい対応をしてくださる方も大勢いらっしゃるのでしょうね。そんな方に出会えると、こちらも救われますね。
cheeさんはいつも人から学ばれることが多く、自分に置き換えて考えることのできる素晴らしい方なので、私も見習わないといけないなと感じています。
そうやって、気づくことができるのはやはり心に余裕があるからなんだと思います。
感謝の気持ちを忘れなければ、いつでも幸せはすぐそこにあるのになぁって思いますね。

Anne ママさんへ

そう!ほんと余裕をもって生活するって大切だと思いました~
仕事でもプライベートでもなんでも、こころに余裕をもっていないときっとうまくいかない。
イライラとか不機嫌って、まわりに気づかれてまわりが嫌な思いしますしね。
あのおばちゃんがどんな生活しているのか少し気になったけど、そんなことは考えずに自分がより良い生き方ができるようにしたいものですね。
電話応対のマニュアルがあったとしても、草が伸びていますなんて電話そうないと思うんですよね。
でもそこから、草で見えないということはケガしたかも・・・って想像して聞いてくださったことも素晴らしいと思いました。
以前読んだ本に、『この人はそう思うんだ、で終わってはいけない。どうしてそう思うのかを考えることが大事』みたいなことが書かれていて、それがすごく印象に残ったので、自分に置き換えるというクセ(?)はそこからついたのかも。。
感謝の気持ちを忘れず、いいことはどんどん取り入れていきたいですね(*^-^*)

No title

面と向かって信じられない言葉を投げつけられたのと、電話の向こうで素晴らしい対応されたのと・・別物と考えずにそこで相殺してさらにプラスに持っていこうとするcheeさんが素晴らしい。
同じ状況だったら私はどうしていただろう・・と、どちらのパターンも考えさせられる。もちろん素晴らしい電話の対応の女性に対しては同じように感激し多方面に広めたくなりそう。
問題はそのおばちゃん・・。あぁ・・文句言わずにやり過ごせるだろうか。

うにトラさんへ

そ、そう・・・?
でもあの電話の女性、仕事とはいえ草刈りの問い合わせを受けるなんてそうないだろうし、そこでケガはなかったか咄嗟に出るって、やっぱりその人の人柄というか、「見えにくい」から「ぶつかってケガしたかも」って想像できる人なんですよね。きっと!
おばちゃんに対しては、わたしは間違ってない!ってあとから言いたいことが山ほどでてきたけど、不思議なことにあの場では言えなかったんですよね~
昔、横断歩道を渡っているときに自転車のおじさんに怒鳴られたこともあって(笑)、そのとき夫がすぐに言い返そうとしたけど止めたので、踏切とか横断歩道とか、そういう場所で揉めるのも怖かったのかも。。
注意したら何されるかわからないしね(;´・ω・)