fc2ブログ
2024/03/17

続・てんかん発作と諸々

続き・・・

7日目、調子が悪くなってからまったく毛づくろいをしなくなったのですが、
ごはんを食べるようになり、手を舐めて顔を洗うようにはなりました。
アルは小さいころから少々神経質というか、
よく言えばきれい好きで毛づくろいは結構しっかりやっていたので、
それがなくなるとどれだけの影響が出るかというのを実感。
すぐに毛玉ができ、部屋中が毛だらけ。
わたしたちのブラッシングだけでなく、アルのセルフグルーミングがあったから、
ブラッシングの回数や掃除機は、あの頻度で問題なかったんだと知らされました。
時期的に、乾燥していて静電気もあるから余計に大変なのよねー

8日目、食欲はだいぶ戻り、わたしが掃除機をかけたときには
キャットタワーにも上りました。
が、そこから下りようとジャンプし、着地と同時に痙攣。
しかも今回は今までよりも少し長かったし、
5日間連続したけどその後2日間何もなかったのでびっくりしました。
ただ、最初の5日間のようにぐったりすることはなく、
しばらくしたらごはん食べていたし、ひさしぶりにへそ天も見ることができていたので、
もちろん発作が起らないようにしたいけど、
ぐったりしなくなったのは良くなってきているということなのかな。

最初に病院に行ったときも、わたしの枕で粗相しちゃったときも、
発作直後だったり、薬でボーッとしているときだったので、
アル自身何もわからず失禁しちゃったと思うけど、ボーッとすることが減ったので少し安心。
また、ほんのちょっとだけではありますが、足元を毛づくろいしました。

9日目、しっかりごはんを食べるようになったけど、
下痢止めを注射を打ってもらった翌日からうんちが出ていませんでした。
ごはんを食べていない状態が数日続いていたので、何日かは出ないものだと思っていたけど、
一体それが何日くらいなら大丈夫なのか?って問題が出てきまして・・・
おんじが、猫ものの字でいいんだよね?って言いながらお腹のマッサージをしてくれました。
夜遅く、3日ぶりにゆるくないうんちが少し出ました!

10日目、しっかりごはんを食べるようになり、
下痢止めの注射以降出ていなかったうんちも出ました。
抗てんかん薬は効いていると思う。
それでも、吐いたり、どこかからジャンプして下りるなどの衝撃には注意が必要だし、
元気が戻ったのはめちゃくちゃうれしいけど、
トイレ後のダッシュとか、身震いでさえ、まだちょっと不安になります。

元気が戻った以外で良かったことが1つ。
アル、毛が長いからおしっこしたらほぼ毎回お股付近の毛におしっこが付いていたので、
トイレから出たらそれをウェットティッシュで拭いていたんだけど、
下痢したときに汚れた毛をカットしたからか、毛が短くなって付かなくなりました。
ほどほどにではあるけど、定期的にカットすれば、
トイレ後に拭かれるというストレスはなくせそうです。

11日目、うんちが少しやわらかくなり、またまた下痢が始まりました。
前回はあまりニオイのない、緑色っぽいうんちだったけど、このときは、
お腹こわしてます!!って感じの、黄色っぽい臭いうんちで回数は前回と同じくらい。
抗てんかん薬を変更してから食欲が戻り、しばらく食べていなかったあとに一気に食べたから、
胃腸がびっくりしたんじゃないかと思う。
消化器系のフードを混ぜてみたけど嫌がってほとんど食べなかったので、
おんじと話し合い、まずはお腹を治すこと優先で、
フードを替えていくのはもっと元気になってからにしようということになりました。
ゆるいうんちは、一度出ると2~3回立て続けにちょびっと出て、
落ち着くと4時間くらい治まっていました。

12日目、うんちはゆるいけど、トイレに行く間隔はあきました。
そしてこの日、何日ぶりでしょうか、
めちゃくちゃゆっくりではあるけど大きいキャットタワーを上り、
ステップを使って隣の部屋へ行きました。
この高さは大丈夫とか、今は調子良いから大丈夫とか、
アル自身がいちばんわかっているのかもしれません。

余談ですが、昔ひとりで実家に帰ったとき、母と待ち合わせしてスイーツ食べて、
夜もそのまま外食したら、翌日の明け方に胃が痛くなったことがあって、
気持ち悪いしトイレに行きたかったけど、出勤前の父がちょうど起きていたんです。
わたしがトイレに籠もれば、父は「大丈夫か?」とか言ってくれただろうけど、
胃が痛いとか、生理痛とかであまりにも辛いときって、
ありがたいけど、大丈夫?って声かけられて返事するのもしんどかったりするんです。
なので、父が家を出るまで部屋で痛みと気持ち悪さに耐えていたんだけど、
もしかしたらアルも、事あるごとにわたしたちから「大丈夫?大丈夫?」って構われて、
『やかましいなぁ・・・ ちょっとそっとしといてよ』とか思っているのかも・・・
なんて思いました(笑)

13~15日目、下痢が治まり、また食欲が戻りました。
おんじと遊んでジャンプしたり、タワーに上ったり、廊下を走ったり、
アル自身『調子良い』と感じたらやっているのかなと思います。
また、朝起こしに来るとか、ベッドの下に入るとか、
わたしたちが着替えていると気になってやってくるとか、そういうおなじみの行動も復活。
この抗てんかん薬、人間のてんかんでも出されるそうで、
その注意事項として運転を控えるよう記載されていたのですが、
たしかにアルも、服薬後2~3時間は眠くなるようです。

16日目、前回の下痢が止まって食欲が爆発したからか、またゆるくなりました・・・
このときの下痢は午前中だけで終わったけど、
朝からごはんを一切ほしがらず、夜遅くになってやっとほしがったので少し食べました。
一度お腹こわしたら、食欲が戻ってももっとゆっくり食べさせないといけなかったな。
この日、毛玉を吐きましたが痙攣などは何もなかった。

17日目、食欲は戻り、この日は病院でした。
熱もなく、問題はなさそうで、薬の効果が出るのにしばらくかかるので、
大きな痙攣などなければ2週間後に再度血液検査を行うことになりました。

19日目、おんじとおもちゃで遊んだら刺激されたのか、やわらかくないうんちが出ました。
この次に出るうんちがゆるくなければもう下痢は起こさないだろうと思っていたら、
21日目、少なめのうんちが出たあとしばらくしてしっかり出たのですが、
ちょっとだけやわらかそうでした。
アルが調子悪くしてから、ごはんの時間やトイレに行った時間を都度メモしていたんだけど、
下痢が始まるときは、やわらかいうんちがでて30分以内にまたトイレに行っていたから、
この日はすぐにトイレに行く様子がなかったので、もう大丈夫かなって思いました。
でもこの1時間後にまたトイレに行ったので、やっぱりダメかーって思ったら、
出切らなかったのであろう健康的なうんちが出て、スッキリしたのかダッシュ!
この2日後もふつうのうんちが出たので、これでお腹はもう大丈夫だと確信。

と、なんだか後半はてんかんよりトイレの話ばっかりになってしまいましたが、
赤ちゃんのころはお腹に虫がいて通院もしたけど、避妊手術が終わってからは、
たまーに結膜炎っぽくなるくらいで、ワクチンと健康診断でしか病院に行っていなかったから、
それだけ健康だったんだなあと改めて思います。
アルは発作と食欲不振と最初の下痢の影響で、4日間で300g体重が減りました。
一時期はひとまわり小さくなって、おばあちゃんになったなーなんて思うこともあったけど、
元気とともに体重も少し増え、毛もふわふわに戻ってきました(*^_^*)

ちなみに、わたしも食欲も落ちた気がしたけど何も変わらなかった・・・なんで?
さらに、アルに付いてほとんど家から出ず、
買いものに行ってもぶらぶらせずにサッと帰っていたせいか、
体重は変わっていないけど体脂肪が増えました・・・(;´Д`)

そんなこんなあったけど、今はおんじが花粉症で鼻ぐずなくらいで、みんな元気です!
ありがとう!



ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーサイト



2024/03/15

てんかん発作と諸々

前回の記事ではあたたかいメッセージありがとうございました。
アルが発作を起こしてから3週間ちょっと経ち、
数日前に『これでひとまずOK』と思えるまでに至りました。
アルがてんかん発作を起こすことがあるのは何度か書いているので備忘録として残します。

2月の後半、アルがフードを吐き戻したあとふらつき、
すぐにうずくまって触れられるのを嫌がる素振りを見せました。
普段は、わたしたちがそばに行くだけでグルグルしてくれることもあったけど一切なし。
ここから食欲もなくなり、数時間後、弱めの痙攣があったけど、
その後はグルグルも復活し、椅子やソファへの上り下りも問題なく行えていました。

この翌日も朝から調子が悪そうだったけど、少しウェットを食べ、
前日の夕方に吐き戻したときからごはんも水も口にしていなかったので安心したけど、
それよりも、前日の朝以降おしっこをしていなかったことが気になっていました。
その後、おんじに撫でられながら、わたしの手からカリカリを数粒食べ、
伸び~したり丸まったり、いつものアルに戻りつつあったけど、
お昼前、座椅子で寝ていたアルがギャッと鳴き叫び、
前足は伸びて、首は傾き、立とうとしても立てない痙攣が1分ちょっと。
今まで、年に1~2回の発作があっても、しばらくして落ち着いたらケロッとしていたけど、
今回は前日の吐き戻し以降しんどそうで、
さらに2日連続も初めてだったのですぐに病院へ。

いつもどおりキャリーに入れて車で向かったのですが、途中うつむき、
キャリーを掻き始めたと思ったら何やらあやしいニオイが・・・
わが家から病院まで車で10分ほどだけど、
もう少しで到着というところでおしっこしてしまいました((((;´・ω・`)))
家で発作が起こってから間もなかったので、ボーッとしているというか、
頭がはっきりしていなくて何もわかっていない状態だったんだと思う。
そのタイミングでキャリーから出そうとおんじが抱き上げたから、
無意識だったんだろうな・・・ うんちもしちゃいました((((;゚Д゚)))))))
おんじ、お股も脚も真っ黄色のアルを抱えてなすすべなし・・・
待合室にはワンちゃんが粗相しちゃったとき用のティッシュやおしぼりが置かれていて、
それをお借りしてわーわーやっていたら受付の方が来てくれて、
さらに診察室から出てきた先生も一緒に片付けてくれました。
わたしは椅子や床を汚してしまって申し訳なく、アルの下半身をサッと拭いたあと、
なんとしてもうんちはわたしが片付けなければ!と思いながら椅子や床を拭いていたんだけど、
受付の方は真っ黄色のアルを拭いてくれていて、
今思えば、自分ちの子なんだからわたしがアルを拭かなきゃいけなかったかなとも思います。
おしっこは直近で前日の朝、うんちはその前の日だったのはわかっていたので、
キャリーに入れる前にトイレのニオイを嗅がせて促しておけばよかったけど、
立て続けの痙攣でわたしも動揺し、そこまで頭が回らなかった。
在宅だったおんじ、たまたま打ち合わせもなく、一緒に行ってくれたのですが、
これ、わたしひとりだったらどうなっていただろうと思う・・・

レントゲンとエコーは、昨年11月のペットドックでの結果とほぼ変わらず。
心臓と血管にも問題なかったので、心筋症や血栓の可能性は低く、
見てもらった動画の様子から、やはり神経系のものだろうということでした。
以前にも言われた、特発性のてんかんがいちばん可能性が高いので、
抗てんかん薬を飲んでみて、しばらくして効果がないようなら、脳の検査をする流れです。
血液検査の結果、わずかだけど肝臓の数値が高かったので利胆薬も飲むことになったけど、
先生の「錠剤飲めますか?」に、無理やり飲ませれば・・・とおんじ。
先生は、ちゅーるに包んで飲ませてもいいと言ってくれたけど、
「アルはちゅーる食べないんです・・・」に、先生ちょっとびっくりしていました(笑)

帰宅後、汚れた体を洗い流したあと、初めての錠剤を飲ませようとしたんだけど、
これがなかなか手強くて苦戦しました。
粉薬は水に溶かしてシリンジであげるので問題ないけど、
やっとのことで口の中に放り込めたと思ったら、
ちゃんと飲み込めなかったようでヨダレ垂らしまくり、泡ぶくになってしまいました。

夜になっても飲まず食わず。
夜はおんじが薬を飲ませようとしてくれたけどうまくいかず、
わたしがやり直してこのときはうまく飲み込めたようでした。
ちなみに、先生にはああ言っていたけど、おんじが錠剤を飲ませるのは初めて。
歯を食いしばって頑なに口を開けないとか、飲んだと思ったらペッと吐き出すとか、
錠剤を飲ませたことがある方が一度は経験しているであろうことを、
初めて目の当たりにしたようです。
実家にいたあっくんが、笑っちゃうほど吐き飛ばしていたのが懐かしい。

わたしたちが寝る前にトイレの前まで連れていったら自らトイレに入っておしっこしたので、
やっぱり、おしっこしたいけどトイレまで行くのがだるい、
お腹は空いているけどごはん台まで行ったり食べるのがしんどいって感じだったと思う。

3日目、朝までベッドで寝ていたけど、わたしたちが起きてもリビングには来ず、
ごはんは食べず、水も飲まず、寝起きなのですんなり口を開けてくれ、
うまく薬が入ったと思ったけど飲み込めていなかったようで、またもや泡ぶく・・・
相当苦かったのかな・・・
午前中、わたしの手からカリカリを数粒食べ、その後お皿からも少し食べたので、
良くなってきていると思っていたのですが、夕方、毛玉を吐きました。
これは、前日病院から帰ったあとに汚れた下半身を洗い流したので仕方ないけど、
吐いた直後に痙攣。
ベッドやソファにいるときに吐きそうになると、アル自ら床に下りることが多かったけど、
このときは動くのもしんどいようでした。
夜の薬はうまく飲めて、自らカリカリや水を口にしたし、
おんじに甘えたり、テーブルにも上がったりして調子よさそうでした。
わたしたちが寝るときにアルをトイレの前に連れいて行くと両方したけど、
うんちがゆるく、さらにそれを踏んでしまった!
その場で汚れた毛を切り、汚れた足は洗面所で洗ったのですが、
わたし、うんちついた足で思いっきり蹴られましたー
そしてここから、初めての下痢との戦い。

4日目は朝からウェットを食べ、水も飲んでいたけど、7~8回トイレ行っていました。
幸いトイレには自分で行っていたけど、ときどきうずくまっていたので、
お腹痛いとか気持ち悪いとかそういうのがあったんだと思う。
アルがうんちしたら、踏まないように抱きかかえ、お尻拭く、の繰り返し。
そんな中、この日は急に口をクチャクチャさせ、ヨダレを垂らしながら歩き回る症状が出ました。
薬のせいかボーッとしているときは『わたしのことわかってるのかな?』って感じたし、
ハッと動いて固まるってこともあった。
あまり眠れていないようにも思え、少しでもぐっすり眠れたあとは、
わりとすっきりしているような感じでした。
そしてこの日の夜、わたしの枕でもぞもぞしていると思ったら、おしっこしてしまいました・・・

今まで何度かてんかん発作は起こしていたけど、
発作後、しばらくしたら落ち着いて、いつもどおりごはん食べて動き回っていました。
今回のように発作後、何日もごはんを食べなかったりトイレに行こうとしなかったり、
だるそうにしているのが初めてだし、発作が起きているときは、
アルは何もわかっていないとしてもやっぱり辛そうだし、
でもあまり触れないから見守るしかないし、
下痢も、ごはん食べてないからちょびっとの水様便を何回もで、ほんとかわいそうでした。
何でもスマホですぐに調べられるから、良くも悪くも影響されちゃって、
もうね、やっぱり脳に腫瘍があるんじゃないかとしか思えなくて、大泣きでした。
発作が治まってほしいから薬を飲ませないといけないけど、
それを失敗しちゃうと焦って涙出ました。
下痢したアルのおしり拭き、吐き戻しの片付けによだれ拭き、
わたしは『近くにハンドタオル置いとけよ』って思われてもおかしくないくらい、
泣いてはティッシュで拭っていたので、
なるべくゴミを減らさなくてはいけない昨今、わが家、めっちゃ紙使いました。

5日目、下痢は薬の副作用だろうとは思っていたけど、これがどれくらいで慣れるのかと、
ごはんをほとんど食べていないことが気になり受診。
念のため、家を出る前にトイレを促してみたけどせず、前回病院で粗相しちゃったあと、
受付の方がキャリーにトイレシートを敷いてくれたので真似して行きました。

やはり下痢は飲んでいる薬の副作用だろうとのこと。
てんかんの第一選択となる薬は、肝臓の数値に異常があると併用に慎重になるようで、
前回、アルは発作直後だったこともあり、
筋肉がこわばったときなどに影響する肝臓の数値が少しだけ高く、
念のため違う薬を出してくれていました。
この日も血液検査をして、その数値が下がっていたので薬を変更。
こちらの薬は粉なので楽勝です(*^_^*)

何日も発作が続いたのは初めてでびっくりしたけど、
てんかんは、地震のように一度起ると1週間くらいは頻発しやすいそうで、
抗てんかん薬の第一の効果は鎮静なので、おとなしくなるのは通常だそう。
ここ半年ほど吐き戻しが多かったことを話したのですが、
『吐く』と脳圧が上がるから、多少なりとも脳に負担がかかるそうです。
消化しやすいフードへの変更を検討していることを話すと、
今回は下痢したということもあり、消化器系のフードのサンプルをもらえました。
この日、また粗相しちゃった場合に備え、
替えのシートとウェットティッシュとタオルをビニール袋に入れて持って行ったけど、
使わずに済みました(^^)v

下痢止めの注射のおかげか、ゆるいけどトイレに行く間隔があき、
夜、弱い発作があったけど、しばらくしたら何事もなかったように水をがぶ飲み。
この日はカリカリもウェットも一切食べなかったけど、
お腹空いているのか何度もごはん台に行くので、食欲がないんじゃなくて、
自分の好きなものがないので諦めて水をがぶ飲みって感じでした(^_^;)
2歳でそれまで食べていたフードを急に食べなくなり、
それから9年間、ずーっと同じカリカリしか食べなかったので、
わが家には他のカリカリがなかったのです・・・

6日目、もう少し食べない日が続いたら強制給餌と言われていたけどウェットを食べ、
涙もろいわたしはホッとして泣いてしまいましたが、おんじも泣いていたのが印象的でした。
これを機に、食いつきは悪くなったけど今まで食べていたカリカリを食べるようになり、
午後、うんちは水様便から泥状になっていたのでアルがトイレしたのを確認して、
食べてくれそうなごはんを探しに出かけました。
事前にネットで調べ、ペットショップを何軒かまわり、店員さんにも相談したけど、
この日買ってみたフードは一切食べませんでした(;´Д`)
何でも食べる子ばっかりじゃないんだからさー、
ちょっと割高でもいいからサンプルサイズをもっと置いてほしい!

長いので続きます



ぽちっとしていただけると励みになります=^_^=
にほんブログ村 主婦日記ブログへ