FC2ブログ
2015/11/05

気持ちを読む

猫が出てくるテレビを見ると、そのかわいい姿やしぐさに感化され、

『アル~大好き~♪』 となってしまいます(笑)

そしてそれが高齢猫や闘病猫だと、

急にアルのことが心配になってしまいます。



月曜日、テレビで 『深イイ話』 の吉川美代子さんとゲンくんの話に、

おんじとふたり、泣いてしまいました。

ひとりっ子の吉川さんは、お父さまを亡くされ、

その4ヵ月後にお母さまを亡くされたそうですが、

家に帰ると、当時出入り自由だったゲンが捕まえた鳥が部屋中にあったって話。

困るんだけど、猫は飼い主を元気づけようとしてやってるんだよね。

今はもう完全室内飼いだそうですが、21歳のゲン、

歯も生えていたし、走り回って元気でした。

吉川さんは、ゲンはもうおじいちゃんだから、いなくなる覚悟はできているそうです。

ゲンに、自分の持っているすべての愛情を注いだから悔いはない、と。



犬はどんなときでも飼い主に忠実で、いつでも笑顔で迎えてくれる。

猫は自由気ままで、自分の都合で甘えるけど、

そんな気分じゃないときはプイッとどっか行っちゃう。

こんなことをよく聞くけど、

わたしは猫も人(飼い主)の気持ちを察して行動すると思っています。
15-11-04-08-01-35-745_deco[1]



以前、わたしが頭をぶつけたとき、

アルはわたしのところに飛んできて、おでこを舐めてくれました。



わたしがおんじにこちょこちょされ、

「キャー!やーめーてー!!」 と言って暴れていると、

アルは止めろと言わんばかりにおんじの足を噛みます。



倒れたフリをしても来てくれる。



今日はおんじの帰りが遅いとわかっている日や、出張などで帰らない日は、

テレビをつけていても、スマホをいじっていても、

アルは必ずわたしの近くで寝たり、くっついたりする。

いつもなら好きなところにいるのにね。

そんな日、アルが寝ている間にお風呂に入ると、

いつもならそのまま寝続けているのに着いてきて、

お風呂から上がるまで脱衣所で待っている。


わたし、自分ではそんなことないと思っているけど、

実は寂しいと思っていて、アルはそれに気づいて慰めようとしてくれているのか?

まあ、わたしが寂しいと思っているかは置いといて、

猫も、飼い主の気持ちの変化に敏感だということ。



たまにおんじとちょっと大きなケンカになると、

わたしの肩や背中に手をついて立ち上がったり、

自分から膝の上に乗ることをほとんどないのに乗ってきたりするし、

その後は必ずおんじとわたしの間にゴロン(*^_^*)

こんなことされたら 『このタイミングで!?』 って思うわたしたちは、

アルが 『ケンカしちゃだめ』 って伝えているとしか思えないのです。

その後、お互いの気持ちも落ち着くので、

感情的にではなくしっかり話し合え、仲直りできています。

アルは何度もわたしたちのケンカを中断させることに成功していて、

その後、再発の予防もしていくれている。



無防備な姿も
15-11-04-08-00-32-767_deco[1]

安心しきっているから
15-11-04-08-00-51-949_deco[1]

顔はどこ?と思うような寝方をするのも
PA300879_convert_20151104080250.jpg

何の心配ごともないからかな?
PA300876_convert_20151104080233.jpg

プニプニのかわいい肉球も、アルを外に出さずに大切に育てているから。
PA300880_convert_20151104080422.jpg


わたしたちの愛情も、ちゃんとアルに伝わっているかな(*^_^*)
PA300881_convert_20151104080327.jpg





ポチっとしていただけると励みになります=^_^=
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーサイト