『つくること』が好きな主婦の日常とアルのゴロゴロ生活を綴っています
人妻ひとり旅 境港④
2015年07月09日 (木) | 編集 |
初日は早めに寝たけど、朝、目覚ましが鳴るまでぐっすり。

平日休日関係なく、ニャーゴニャーゴ起こしにくる子もおらず、

その子の毛を気にしながら過ごさなくていもいい(笑)

素晴らしい!!

ゆっくり支度をしていると、おんじから、

『うちの目覚まし(生)は優秀でした』 とメール。

あたりまえよ!! 毎日起こされてるんだから・・・

おんじは、アルがお腹空いて起こしにきても起きられなかったらどうしよう

なんて言っていたけど、アルの朝のしつこさは強烈だからね!



すでに重いキャリーバッグを引っ張って歩かなきゃいけないから、早めに出発。

米子駅のコインロッカーにキャリーバッグを入れ、再び境港へ。



境港からバスで 『境港水産物直売センター』 に行くつもりだったけど、

バスを待っているとき、鬼太郎発見!!

走って駆け寄り、パチリ☆

あたりを見回し、ブロンズ像を撮っていた女性に声をかけた。

ブロンズ像を撮っているってことは、観光客でしょ?

それなら鬼太郎と撮りたいわたしの気持ちは十分わかってもらえるはず。

その女性は快くOKしてくれたうえ、向こうに行ってしまいそうな鬼太郎に、

「鬼太郎さーん」 と言って引きとめてくれた。

鬼太郎がね、手を差し出してくれて、つないじゃった♪
2015-07-06-14-00-20_deco[1]

境港って都会ではないし、鬼太郎のまわりに人が群がるわけでもなく、

フラ~っとひとりで歩いている・・・

そりゃ子どもは妖怪ウォッチのほうがいいでしょうよ。

だけどわたしは鬼太郎でテンション上がっちゃって、

バスは使わず歩いて行っちゃえって気分に(笑)

ちなみに鬼太郎は、その後、ここへ入って鍵を閉めてしまいました。
2015-07-06-14-00-32_deco[1]

お着替え・・・?



水木しげるロードの先は、民家が立ち並ぶ道。

ちょっとつまらないから海沿いを歩いた。 釣り人いるね
2015-07-06-14-00-43_deco[1]

やっぱりこういう雰囲気好き☆

「おっちゃーん釣れたー?」 とか言ってみたい!

そして、「おぅ、コレ持っていきな!」 とか言われたい(笑)



境港駅から40分くらい歩き、境港水産物直売センターに到着
2015-07-06-14-01-01_deco[1]

お店は多くないけど、海の近くで新鮮。魚はここで買うと決めていた。

だって漁港のすぐそば!
2015-07-06-14-00-52_deco[1]



たくさん歩いたし、お昼で混んだら困るから、まずはお昼ごはん。

直売センター内にある 『海陽亭』 へ。

海鮮丼にしようか・・・境港産銀鮭丼も気になる。

<ひとり旅の困るとこ②>

食べるものをシェアできない

大食漢なら問題ないけど・・・



境港産銀鮭とすじこ丼♪
2015-07-06-14-01-23_deco[1]

サーモンじゃなくて、銀鮭の丼って初めて(*^_^*)

ご飯少なめにしてもらえました(^_^)v

だってね、コレ食べなきゃ!というか、コレを食べに来たという品もあるからね~

そう、岩ガキ♪ 『夏輝』 という、ブランド天然岩ガキ
2015-07-06-14-01-34_deco[1]

13cm以上の良質なものには、夏輝ラベルがついているそうな。

中身をカットするかそのままか聞いてくれたけど、もちろんそのままで!

ひとりでにやけてしまうほど美味しい牡蠣をほおばって幸せ~な気持ちと、

おんじに申し訳ないな~という気持ち。



カニもいっぱいありました~
2015-07-06-14-01-43_deco[1]

イカ好きのおんじには、白イカを♪
2015-07-06-14-01-53_deco[1]

チョンチョンと触ると透明になるのね(*^_^*)

送ることもできるみたいだけど、持って帰ることもできるというので、

それならわたしは持って帰りたい(笑)

生ののどぐろもあって食べてみたかったけど、今回は買わなかった。

今となっては後悔・・・(T_T)



次は 『大漁市場なかうら』 へ。
2015-07-06-14-02-09_deco[1]

7.7mの鬼太郎が出迎えてくれます。
2015-07-06-14-02-19_deco[1]

ここも新鮮な水産物とお土産の施設。

だけど、やっぱり直売センターで買って正解でした。

開きしかなかったのどぐろは、直前に生のを見てるので、買う気にもならなかった(^_^;)

そして、ここも中国人観光客が多い。

帰ってからおんじがから聞いたんだけど、

MERSの影響で韓国行きのツアー客が境港に行ったらしく、

どっかのイオンがえらいことになっていたとか・・・



はまるーぷバス
2015-07-06-14-02-39_deco[1]

境港市内を走っていて、メインコースと生活コースがあり、

それぞれ右回りと左回りがある。 どこまで乗っても大人は100円!

もちろん鬼太郎♪
2015-07-06-14-02-49_deco[1]

時間もあるし、ちょっと離れた 『さかなセンター』 にも行ってみたかったけど、

なんせ荷物が多すぎる・・・

はまるーぷバスで米子空港まで行き、電車で米子へ。

この旅行最後の境線は、ねこ娘と目玉のおやじ。

最後までねずみ男には乗れなかった(T_T)



てっちゃんに邪魔されながら、特急やくもを待つ(笑)
2015-07-06-14-03-03_deco[1]

今日もたくさん歩いたし、疲れて眠かったのに、ちょっと寝ただけで寝が覚めてしまった。

そして行きは大丈夫だったのに、揺れに酔ったのか、気分が悪い・・・

すぐに酔い止めを飲んで落ち着いたけど、今度はトイレに行きたい・・・

<ひとり旅の困るとこ③>

お土産をひとりで持たなきゃいけないし、そんな状態でトイレに行くのが困難


岡山まで我慢しよう・・・(T_T)



岡山に到着。 乗り換え時間は15分。

トイレに行ってみたけど並んでいる(T_T)

仕方なく改札を抜けると、きれいなトイレ発見!!

トイレから出ると、もうすぐ来ますよのアナウンス。

ホームに向かおうとしたら、降り専用エスカレーター(@_@;)

反対側に行こうとしたら、エスカレーターの下に立て看板・・・

使えないのね・・・

さっさとエレベーターを見つけられる自信なんてなく、

重いキャリーバッグと魚&氷の入った発泡スチロールを持って、

階段を駆け上がった(;一_一)

なんでこんなところで疲れなきゃいけないのよ・・・



新幹線に乗り込み、疲れた体を落ち着かせるにはコレしかない!

新幹線でのお楽しみ☆
2015-07-06-14-03-39_deco[1]

「かたいですから少し置いて食べてください」 って言われるんだけど、

すぐ開けちゃうんだよね(^_^;)

で、カチンカチン(笑)



おんじへのお土産は、白イカの他に、鳥取のお酒と・・・夏輝☆
2015-07-06-14-03-50_deco[1]

わたし、これを8個も持って帰ってきたんだ・・・
2015-07-06-14-04-01_deco[1]

おんじが苦労して殻を開けてくれました(*^_^*)
2015-07-09-09-47-47_deco[1]

1回の食事で岩ガキを何個も食べるって贅沢だよね~

ひとつ焼いてみましたが、焼いてもでっかい!!
2015-07-09-09-46-54_deco[1]


愛知は雨だったけど、旅行先では全く雨に降られず、

チープな傘なので、故意に置き忘れたいとさえ思ったほど。

境港はちょっと暑かったけど、カンカン照りではなかったし、

本当に良い旅ができました。

次はきっと2~3年後。

どこにしよっかな~





ポチっとしていただけると励みになります=^_^=

スポンサーサイト
人妻ひとり旅 境港③
2015年07月08日 (水) | 編集 |
妖怪楽園♪ 楽しいオブジェがあったり、休憩できたり。
2015-07-06-11-41-55_deco[1]

わたしは道行く人に 「写真撮ってください」 って言えるけど、
2015-07-06-11-42-07_deco[1]

一旦木綿にまたがった姿を撮ってほしいとは言えない・・・(笑)

がしゃどくろに襲いかかられるを写真を撮りたければ、ひとり旅を断念するしかない(;一_一)
2015-07-06-11-42-17_deco[1]

妖怪神社の清め水☆ 水の力で目玉がゆーっくり動きます
2015-07-06-11-43-00_deco[1]


ブロンズ像に戻って、こなき爺と
2015-07-06-11-42-32_deco[1]

砂かけ婆♪
2015-07-06-11-42-42_deco[1]

ブロンズ像は、隠岐の島にもあります。

今度は鬼太郎フェリーに乗って、隠岐の島まで行ってみたいな。

ブロンズ像をカメラにおさめながらスタンプも集め、

ところどころお店に入ってお土産も見て、3時間。

よく歩いたよ・・・

完走証☆
2015-07-06-13-03-27_deco[1]



帰りの電車は、鬼太郎と
2015-07-06-11-43-33_deco[1]

ねこ娘の2両編成。
2015-07-06-11-43-50_deco[1]

シートだけじゃなくて、
2015-07-06-11-44-28_deco[1]

天井にもちゃーんといます♪
2015-07-06-11-44-11_deco[1]

車内アナウンスも、鬼太郎とねこ娘。

ワンマン電車なんで、途中で降りるときはいちばん前のドアから。

ドアは自分でボタンを押さないと開かないようです。
2015-07-06-13-03-47_deco[1]

途中下車して米子空港へ☆
2015-07-06-13-04-06_deco[1]

『ゲゲゲの鬼太郎』 の作者の水木しげる氏は、境港出身。

そのため、近くの米子空港は鬼太郎空港とされています。
2015-07-06-13-04-17_deco[1]

また、『名探偵コナン』 の作者の青山剛昌氏は、東伯郡大栄町出身のため、

鳥取空港はコナン空港とされています。

なので、米子空港は鬼太郎満載!!
2015-07-06-13-04-29_deco[1]

あんまり大きくない空港なので、いろいろ見るのに大した時間はかからず、

予定の電車に乗るにはまだ時間があったから、空港で晩ご飯にしちゃったんだけど、

ゆっくりしちゃって電車の時間が迫っていたので、急いで駅へ。

米子から境港間を走る境線は、朝と夕方以外は1時間に1本運行。

で、米子駅と境港駅以外、無人。

米子空港駅の券売機は1000円か小銭しか使えず、くずせるようなところもない・・・

大きいお金しかなかったわたしは、仕方なくそのまま乗りこみ、

運転士さんに事情を話すと、米子まで乗るなら駅で精算でいいとのこと。

「米子空港駅から乗った」 って、自己申告でいいんだって!


米子空港駅からは、鬼太郎ファミリー(砂かけ婆)と、
2015-07-06-13-04-49_deco[1]

同じく鬼太郎ファミリー(こなき爺)
2015-07-06-13-04-59_deco[1]



米子に戻ってきました~ 米子駅は、愛称 『ねずみ男駅』
2015-07-06-13-05-12_deco[1]

電車は、鬼太郎、目玉のおやじ、ねこ娘、ねずみ男、鬼太郎ファミリー(こなき爺、砂かけ婆)の6種類。

向こうのほうにあったのは、まだ乗っていないねずみ男電車
2015-07-06-13-06-11_deco[1]




ホテルは、米子駅から徒歩8分って書いてあったから、

10分はかかるだろうと思っていたけど、わたしの足ではそれ以上(>_<)

途中、すれ違う人に、この道で合っているか聞こうと思ったもん。

米子全日空ホテル
2015-07-06-13-06-52_deco[1]

昔、ひとり旅をしていたときは、ひとりでもダブル。

普段シングルベッドで寝ていたわけだから、たまにはと思ってね。

今回は、謙虚にシングルにするつもりだったけど空いていなくて、

追加料金払えば、ダブルの部屋に泊まれるとのことでした。


ホテルに着くと、旅行会社の方から、

「電車移動、お疲れさまでした。 ゆっくりして下さい」

みたいなメッセージのファックスをいただきました。

なんかうれしいですね(*^_^*)



部屋は、思っていたより広くなかったけどゆっくりできました。
2015-07-06-13-07-06_deco[1]

駅から結構歩いたので、良く言えば静か、だけど何もない(笑)
2015-07-06-13-07-17_deco[1]

アンケートに答えると、米子市の指定された場所で使える商品券をもらえた!
2015-07-06-13-07-28_deco[1]

翌日はまた境港に行くので、ホテルのお土産売場で使っちゃったけど(^_^;)

観光に力を入れているところって、たくさんあるんだね。

知らないだけで、わたしが住んでいる市も何かやっているのかもしれないな。



続く・・・





ポチっとしていただけると励みになります=^_^=

人妻ひとり旅 境港②
2015年07月07日 (火) | 編集 |
昨日の続き~



境港駅に到着♪
2015-07-06-09-14-32_deco[1]

これがホームの看板。 みんな車内からこれを撮っているの。
2015-07-06-09-14-15_deco[1]

境線すべての駅に愛称がつけられていて、境港駅は 『鬼太郎』

駅のベンチもこのとおり☆
2015-07-06-09-13-59_deco[1]

ホント遠かったよ~
2015-07-06-09-14-42_deco[1]

タクシーも鬼太郎に目玉
2015-07-06-09-14-55_deco[1]



まずは観光案内所へ行き、300円でキャリーバッグを預かってもらう。

傘を預け忘れたのは失敗・・・

妖怪ガイドブックも買って、スタート!!
2015-07-06-11-32-25_deco[1]

150体以上ある妖怪ブロンズ像をカメラにおさめるにあたり、ガイドブックは買って正解。

番号順に撮っていけば、撮り忘れることもない。

水木しげるロードは基本一本道で、端っこまで行ったら、

反対側の歩道を帰ってくるようになっているので、見やすいし迷わない。

37ヶ所、スタンプを押せるところがあって、すべて集めると、

スタンプラリー完走証をもらえる。

全部集められなくても、20個以上集めればシールがもらえるそうです。



では、駅のロータリーからね!
2015-07-06-11-32-42_deco[1]

水木しげる氏顕彰像
2015-07-06-11-34-55_deco[1]

ぬりかべ~
2015-07-06-11-35-18_deco[1]

ねこ娘=^_^=
2015-07-06-11-35-06_deco[1]

鬼太郎♪
2015-07-06-11-35-36_deco[1]



ブロンズ像があるだけでなく、

公衆トイレも!
2015-07-06-11-34-30_deco[1]

自販機も!!
2015-07-06-11-34-42_deco[1]

街灯も!!!
2015-07-06-11-43-15_deco[1]

キャッシュコーナーまでもがゲゲゲの鬼太郎
2015-07-06-11-36-27_deco[1]

ねずみ男発見!!
2015-07-06-11-36-38_deco[1]

これこれ! 一旦木綿の端っこ
2015-07-06-11-38-50_deco[1]

布切れがついてるんです!!
2015-07-06-11-39-42_deco[1]



水木しげるロードの折り返し地点となる、水木しげる記念館に到着♪

入口には、2番目に好きな、砂かけ婆がいました~(いちばんは一旦木綿☆)

パチパチ撮っていたら、気づいたおばばに砂かけられたー!!!
2015-07-06-11-40-03_deco[1]

記念館の中は撮影禁止場所が多かったけど、なかなかよかったです。

記念館の人が撮ってくれました♪
2015-07-06-11-41-29_deco[1]

砂かけ婆とも撮りたかったんだけど、

わたしの他に撮っていた人が中国からの観光客だったからお願いできず・・・

<ひとり旅の困るとこ①>

自分を入れた写真を頼めないこともある



だけどね、記念館を出てしばらくしたら、砂かけ婆とまた会えたの。

20代後半くらいの男性たちと写真を撮っていた。

男性のひとりがおばばを抱きしめようとしたとき、

おばば、めっちゃ拒否してました(@_@;)

こっちに向かって歩いてきたおばば、わたしとすれ違う時に手を出してくれて・・・

ハイタッチ♪



河童の三平もいましたよ~
2015-07-06-11-36-53_deco[1]


水道のフタも鬼太郎ファミリー
2015-07-06-11-40-19_deco[1]

この他、ねこ娘、ねずみ男、ぬりかべ、こなき爺、砂かけ婆がありました。
2015-07-06-11-40-30_deco[1]



続く~





ポチっとしていただけると励みになります=^_^=

人妻ひとり旅 境港①
2015年07月06日 (月) | 編集 |
7月3日~4日、鳥取県境港市へ行ってきました。



71歳の男性が新幹線の車内で焼身自殺を図った事件があったのは、

旅行の3日前でした。

歌手を目指して流しになり、うまくいかなかったため諦めて職を転々と・・・

自殺の原因が、年金に不満って・・・

年金払ってなかったんだろうかね。

数日後に新幹線に乗る予定だったこともあり、

「大勢を巻き込むなんてホントやめてほしい。迷惑!!」

と、おんじと話した。

今回のこともだけど、わたしやわたしの身近な人とはかけ離れた思考を持った人が、

あんな事件を起こしたり、また、真似したりしたらと思うと怖かった。

だけど、そんなことではどこにも行けない。



前日、アルに邪魔されながら旅行の支度をし、おんじの朝ご飯用にパンを用意。

旅行させてくれてありがとうという気持ちと、

アルのお世話のことを書いた手紙とともに、

大まかな日程、行こうと思っているところと、ホテルの連絡先を準備。



出発の朝、いつもより1時間早く起き、小さめのパンをかじって、

おんじのお弁当、おんじとアルの朝ご飯を用意し、わたしも支度。

洗い物が大嫌いなおんじ、

その日のお弁当箱と、家で食べたときに使った食器、

帰ってきたときにシンクにあるか、水切りかごにあるか・・・

そんなことを思いながら、7時過ぎにおんじと家を出た。


境港は降らない予報だったけど、愛知は朝から雨・・・

おんじは総合駅でJRに乗り換えるけど、

わたしはそのまま私鉄で名古屋駅まで行くため、1駅でバイバイ。



ここからひとり旅のはじまり☆

朝、どうして小さいパン1つだけにしたかというと、

岡山で乗り換えるときに駅弁を買って、特急電車で食べたかったから。

だけど名古屋駅に着くころ、早くも 「岡山までもたない」 と判断(・_・;)

パン買って新幹線へ。
2015-07-06-09-08-50_deco[1]

京都までは何度も乗っているけど、それより先ってあったかな・・・

京都に帰るにしても、独身のころは高速バス、結婚してからは車だから、

京都駅の風景を見たのも久しぶりだった。

新幹線自体、乗ったのは4年前のディズニーシー以来。



岡山着~♪
2015-07-06-09-10-38_deco[1]

岡山って 『虫眼鏡』 が有名なんだ~って思って見に行ったら、
2015-07-06-09-11-12_deco[1]

ただの読み間違い(笑)

この焼物 『虫明焼』 が伝統工芸品だそう。
2015-07-06-09-11-00_deco[1]



お次は特急やくもで米子まで。
2015-07-06-09-11-24_deco[1]

ウロウロしていたので、気づいたらホームでスタンバイしていた。
2015-07-06-09-11-35_deco[1]

車掌さんに切符を見せて、この電車で合っているか聞くと、

車両の位置を詳しく教えてくれた☆

特急電車だし、車内販売もあるだろうと思い、

お茶も買わずに乗り込んだけど、車内販売はないんだって!

寝よう! 寝るしかない!!

が、伯備線、揺れまくり・・・

ほとんど山間だし、途中で反対電車を待つため停車って言っていたし、単線かな。

わたしが乗っていた車両には、おじさまやおばさまが多かったので、

次の安来まで行き、足立美術館で世界一美しいと言われる庭園を観るのか、

玉造温泉まで行くのか、出雲大社まで行くのかの、どれかだろうな。

意外にもビジネスマンが多く、車内でパソコン使ってお仕事。

岡山から海側まではこの電車を使うしかないのかもね(>_<)



米子に到着~♪
2015-07-06-09-11-46_deco[1]

いきなり鬼太郎☆
2015-07-06-09-12-01_deco[1]

全国で6県くらい、自動改札機のない県があるらしく、そのひとつが鳥取県。
2015-07-06-10-28-55_deco[1]

鳥取といえば、ニ十世紀梨!
2015-07-06-09-13-20_deco[1]

撮る前にひと口食べちゃった(笑)

ちょっとシャリシャリした感じで、さっぱりおいしい~

梨のドレッシングがあるらしく、それを買いたかったんだけど、

米子まで行くと売ってないのかな・・・見つけられなかった(T_T)



境港まで行くため、境線のホームへ。
2015-07-06-09-12-34_deco[1]

待っていたのは目玉のおやじ車両☆
2015-07-06-09-13-32_deco[1]

外観だけでなく、中も目玉!
2015-07-06-09-13-45_deco[1]

各駅停車なのですが、駅のホームの看板が妖怪なので、

止まるたびにたくさんの観光客が写真を撮っていました。

それを見ている地元の女子高生は、

くだらない・・・とでも言いたそうな表情(・_・;)

そんなもんかもね~



続く・・・





ポチっとしていただけると励みになります=^_^=